Homeスタッフブログ
スタッフブログ

プリザーブドフラワーのアレンジ方法について

今日は、お客様よりお電話やLINEなどでお問い合わせがよくありますプリザーブドフラワーについて

弊社で保存加工できる内容と注意点をご紹介したいと思います!!

Qプリザーブドフラワーのみの花束・ブーケや生花と混ざっている場合はアレンジできる?

A、注意事項等ありますが、弊社にて保存は可能となります。

 

プリザーブドフラワーは既に加工を施されているお花になりますので

お花自体は弊社の保証対象外となりますが、弊社お取り扱いのボトルブーケ・3D額の商品で保存可能となります。

※クリスタルフラワーのお取扱いは不可です×

 

<プリザ―ブドフラワーの特徴>

生花から水分を抜き、グリセリンが含まれる特殊な液体にひたしたもの。ドライフラワーと比べて生花に近い手触りがあります。

お花本来の自然な色よりも少し鮮やかな仕上がりになります。

湿気や直射日光に弱くお手入れはホコリ・水分・直射日光を避ければ特に必要ありませんが、永久的なものではありません。

また、容器へ密封すると曇ります。

 

上記の特徴より密封しますとガラス内が白く曇りますので、プリザーブドフラワーを使用している花束やブーケにつきましては

以下注意点がありますのでお読みください!!

●ボトルブーケ商品→蓋部分や底部分に取り外し可能な半パール仕様となります。

●3D額ブーケ商品→完全に密封せずにしあげます。※見た目上は通常商品と同じ仕様になります。

プリザーブドフラワーの割合によって制作基準がかわってきますのでご参考にしてくだい!!

♡プリザのみの花束・ブーケ→そのまま保存加工制作が可能となります。

♡生花との混合花束・ブーケの場合

 プリザが少ない場合→プリザーブドフラワーのみ除外して保存加工制作になります。

 プリザが多い場合→生花を除外して保存加工制作になります。

 

ご不明な点、質問がございましたらお問い合わせください♡

 

 

 


関連ワード

結婚式

Staff Blog


ブーケの保存方法から選ぶ

ボトルブーケBottle bouquet
3D額3D bouquet
押し花Pressed Bouquet
クリスタルフラワーCrystal Flower
セットプランSet Plan
アイアンIron bouquet

Information

About Xing Flower

Staff Blog