Homeスタッフブログ
スタッフブログ

切り花を長持ちさせる方法について

花束の画像誕生日やプロポーズなど特別な記念日にもらった花束や結婚式のブーケなど

嬉しいけどどうしたらいいのか?と悩まれる方も多いのではないでしょうか

想い出の切り花を長持ちさせるポイントについご紹介します。

1ラッピングをほどく

 綺麗なラッピングを楽しみたいところですが、

 通常1日程度が給水(お花に水を与える)の目安ですので、

 家に持ち帰ったら、そのまま水に浸けることが重要です。

 リボンをほどいて、留めているセロハンテープなどもハサミで切って外しましょう。

2茎の処理

 茎の先に巻かれてる給水用ペーパーやゼリー状の給水剤が入っている場合がありますが、

 茎から抜き取り、水で茎先を洗いましょう。

 

 茎先を2cm程度ハサミで切り、水をしっかり吸収できる状態にします。

3花を飾る

 花瓶や花器に茎の先が5cm程度浸かるよう、水を入れて、そのまま飾ります。

・飾る場所について

 花の長持ちには飾る場所も重要です。

 なるべく10度ぐらいで、温度差の無い場所に飾りましょう。

 直射日光がとても苦手です。

 理由は水を吸い上げることにパワーを使ってしまい、

 早く枯れる確率が高くなってしまうからです。

・水をかえる頻度について

 水は毎日かえましょう。

 かえる際に、茎を少しだけ切ることがポイントです。

 花が水を吸い上げやすくなる為です。

いかがでしたでしょうか?

上記のことを実践頂くだけでも、2週間以上お花が長持ちするかと思います。

シンフラワーではお花を特殊なドライフラワー加工や押し花で

半永久的に保存する技術がございます。

やっぱり残したい!そんな時はお気軽にシンフラワー までご相談頂ければ幸いです。

 

アレンジについてご質問や、ご要望がございましたら、

お気軽にご連絡くださいませ↓

 

---------------------------------------------------------

東京オフィス
東京都港区虎ノ門1丁目21-10-1101

♦♦♦

岡山本社
岡山県岡山市中区桑野704-1

 

お電話によるお問い合わせもお待ちしております

0120-118-087 (いいわ お花)


関連ワード

結婚式

Staff Blog


Information

About Xing Flower

Staff Blog


@xing_flower_formula